応援で派遣の人妻が四日間だけ勤務したのです。

有給を取得する時は派遣元の規定に従って

応援で派遣の人妻が四日間だけ勤務したのです。 派遣社員が有給を取る場合、勤務する派遣先だけでなく、派遣元にも許可をもらわないといけませんので注意が必要です。というのも有給は就業している会社ではなく、派遣会社が付与しているものですので、両方の許可を得なければいけないわけです。フルタイムで働いている人は、半年後の10日間は最低付与されます。取得方法は、派遣会社の規定に従います。通常は取得したい日の始業時間まで、というのが多いですが、中には3日前までに届け出て許可を得る必要がある会社もあります。取得の方法を事前に確認しておきましょう。

当日急に具合が悪くなって、当日欠勤することもあるでしょう。規定で3日前までに申請となっていても、体調不良の場合は当日申請でも認められることが多いと思います。始業時間を過ぎると難しくなりますので、メールなど、証拠の残る形で申請するようにしたほうが良いでしょう。有給を取得すると、その日の日給をもらえるわけですが、日頃2時間残業が当たり前であっても、有給では定時まで働いた分の給料だけになります。また週40時間以上働いた時は給料が25%増しになりますので、例えば月に1度平日にプラスして土曜日に出勤があるような場合、その土曜日の時給は週40時間を超えた部分については25%増しになります。しかしこのようなケースで土曜日に有給を取得した場合は割増しになりません。土曜日出勤のある派遣先で働く時、土曜日に有給を取る人は多いですが、時給で働いている派遣社員にとっては損と言えるかもしれません。

お薦めサイト

Copyright (C)2022応援で派遣の人妻が四日間だけ勤務したのです。.All rights reserved.